Back to basic

ル・コフレの工房は、たくさんの自然に囲まれた小さな町にあります。
少し前までは、クーラーつけなくても寝られたし、夜にセミの声を聞くこともなかった。確実に地球は温暖化してるし、変わってきてるなと感じます。
環境や自然を守ること、できることから始めてみようと思います。

  1. 今あるものを活かす ジュエリーリフォーム
  2. 梱包材のリユース
  3. 暮らしの中でできること
今あるものを活かす ジュエリーリフォーム

ル・コフレではジュエリーリフォーム承っています。
地金を溶かして完全に作り変えるものから、ほんの少しのアレンジで雰囲気を変えるリフォームまで方法は様々。
手持ちのアクセサリーに少しのアレンジを加えるだけでも、 “今の自分にしっくりくる” アクセサリーに変えることができます。

宝石も貴金属も限りある鉱物資源であり、近年は採掘が困難になるものも出てきています。
新しいものを買うのも楽しい!
でも眠っていたものが生まれかわるのはまた違うワクワク感があります。
タンスの中で眠っているアクセサリーと一度向き合ってみませんか?

梱包材のリユース

プラスチックを巡っては、石油資源の枯渇、地球環境の破壊、もやした時の有害ガス、マイクロプラスチックによる水質、土壌汚染など様々な環境への悪影響が懸念されています。

ル・コフレではできるだけプラスチックを使わないようにすること。
また、外箱を包む梱包材(プチプチなど)はリユースをさせていただいています。
リユースの際には、表面をアルコール消毒するなど衛生面には配慮して使用しています。贈り物など配慮の必要なときにはリユースでない梱包材を使わせていただきますので、ご注文時にお伝えください。

暮らしの中でできること

昔ながらのモノやコト、暮らしかたにはとても惹かれるものがあって、
そういう暮らしが地球を元気にしていくことにもつながるのかな。
と考えています。

” Back to basic “
小さなこと、できることからやってみる。

  • できるだけプラスチック製品を新しく買わないこと
  • 野菜を作ってみること
  • 自家製蜂蜜のため、日本ミツバチのために花を植えること
  • 地域で採れた野菜を地元の人から買うこと
  • それを楽しむこと

コロナ禍のさなか、野菜作りと庭造り、お見せ作りをはじめました。
どれもやってみるとなかなか楽しくて、自分で作った野菜ばかりでご飯が作れるとなんか嬉しくなります。
次は、エコ堆肥作りに挑戦したいな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。